オーストラリアのロゼ事情ってどんな感じ?

どうもMauve Wine Co.りょーじです。

今日はざっくりとロゼのお話をしてみようと思います。以前オレンジワインはちょっと特殊だからと思って書いてみたのですが基本的な種類もちょっと書いてみたくなったので挑戦してみますね。

次回からも続けて赤ワイン、白ワインのこともオーストラリアのナチュラルワイン(自然派ワイン)好き視点で書いていきますのでそちらもお楽しみに!

あくまでナチュラル好きの僕の主観と経験からの見方ですので、いつも良く言う市場調査みたいな内容と比較はしないでくださいね。

©️Wine Folly

最近のオーストラリアでのロゼ事情

シドニーでもワインの好きな人は世界を代表するロゼの産地、フランスはプロヴァンスのものなどを、夏場を中心に好んで飲んでいる人を最近はより見るようになったと感じます。

まずロゼワインは近年オーストラリアではとても流行っていると感じます。これはおそらく世界的なものではないでしょうか。種類も以前よりはとても多くありますし、美味しいものもかなり増えていると感じます。

そしてオーストラリア産のロゼの場合、ひと昔前までは甘めのものをよく見かけ、多くの人の印象もそういう感じだったと思います。

もちろん以前からもありましたが、ドライのものがより多く造られるようになり、さらに様々なスタイルのものを見ることができます。色もうっすら色着いたものから結構濃いものまであり、品種も様々な種類のものが使われます。

自由な造りが売りのオーストラリアらしく、色々な特徴を持ったロゼを選ぶことができるようになり、個人的にも飲む機会が増えました。

そもそもロゼって何?

それぞれ特徴のあるオーストラリア産のナチュラルなロゼ

僕の思うオーストラリアでのロゼワインの定義は『ロゼの色をしていること』もしくは『造り手がロゼワインだと呼んでいること』だと思っています。

昔、ワインのことが全くわかっていない時にはロゼは赤と白を混ぜたものだと思っていました。

その後ワインのことを学ぶと黒ぶどうを原料に赤ワインとは違う造り方(セニエ法、直接圧搾法)をしたものだとわかりました。

しかしその後、さらにちゃんと学ぶようになると赤と白を合わせたものも存在することもわかりました。

ですから個人的な定義としては色と呼び方という答えに行き着きました。

ロゼの種類

セニエ法。©️Wine Folly

基本的にはロゼワインというのは黒ぶどうを搾って発酵させて造る直接圧搾法のもの。

赤ワインを造るように黒ぶどうの果皮や種を含む果汁を一緒に発酵し、色が濃くなる前に搾って造るセニエ法が基本だと思います。

そして今回、僕が特に伝えたいのは赤と白を合わせたものもあるということです。

少しワインを勉強すると上記の2つの製法を知るので、ロゼは黒ぶどうから造るものという認識になってしまうことがありますが、白ぶどうもロゼを造る時にはよく使われているのを見る事があります。

赤と白を合わせたロゼとは?

パトリック・サリヴァンのジャンピンジュース・サンセット

ブレンドをするロゼで代表的なのは、皆さんよく知っているシャンパンですね。シャンパンはロゼを造る時に赤と白をブレンドすることが認められています。

ちょっとフランスに逸れましたがとても大事なことなので一応触れておきました。でもこのワインはオーストラリアワインのブログなのでオーストラリアに戻りますね。

オーストラリアのワインを見ると結構頻繁に赤白両方の品種でロゼを造っています。特に僕の好きなナチュラルの造り手の場合は多く見ることができます。

そしてほとんどのワインが発酵前の段階で合わせてしまうことが多いように思います。

プレスしたジュースをタンクや樽で合わせて発酵させたものや、ぶどうの段階で混ぜて発酵させてから搾り、発酵を継続させるものがこの部類に入ります。

こんな変わり種もあります。

ブレイブニューワインのピノ・ノワールとシャルドネの全房で造られたワイン

珍しいものではピノ・ノワールのジュースを全房のシャルドネと合わせて発酵させたものや、ロゼとして造ったピノ・ノワールとスキンコンタクトしてオレンジワインのようになったピノ・グリを合わせたものもあります。

この2つのスタイルはロゼとオレンジの両方の特徴を持っているワインになっていると個人的には感じる面白いワインです。

また個人的に最近よく見ると感じるのはピノ・グリをマセラシオン・カルボニックやスキンコンタクトして造られたロゼワインです。

一般的にほとんどの市場にあるピノグリのワインは白ワインですよね?ですからこのように造ったワインはオレンジワインとなるはずですよね?しかしここで僕がお話ししたいのはその造りのワインがロゼになるということです。

これを詳しく説明する前に用語に自信のない方は以前書いたマセラシオン・カルボニックとオレンジワインの記事を読んでみてください。

マセラシオン・カルボニックの記事→https://mauvewine.com/carbonic-maceration/

オレンジワインの記事→https://mauvewine.com/orangewine/

ピノ・グリのロゼってどういう事?

そのワインは明るい赤というかロゼ色のワインで、本来白ワインに用いられるピノ・グリから造られるんです。

ブレイブニューワインのピノ・グリをスキンコンタクトして造ったワイン

おそらく大体の方が思い浮かべる白ぶどうというのは果皮が緑色のものだと思いますが、ピノ・グリの果実は収穫時期にもよりますが白ぶどうというよりは色の薄い黒ぶどうの方が近い色の果皮をしています。

ブレイブニューワインで収穫された2019年のピノ・グリ

その中で色が濃くついたものを赤ワインやオレンジワインのように長い期間スキンコンタクトをさせると色合いが薄い赤ワインか濃いロゼワインのようになるのです。

個人的な感想としてはオレンジワインというよりは濃い目のロゼの味わいがするものが多いように感じます。しかし、一般的には白ワインとして認識されているピノ・グリから造っているので分類する際には迷ってしまうのですが、見た目はロゼよりですし、造り手もロゼと呼んでいることが多いのでロゼでいいのかな?と思っています。

ルーシーマルゴーの2016年のスキンコンタクト・ピノ・グリは割とオレンジ色だが、このワイナリーのスキンコンタクト・ピノ・グリは明るい赤のロゼ寄りのものが多い。

一言にロゼと言ってもかなり多様

ロゼを造るワイナリーが増えたせいなのか、色々なロゼを見る機会がここ数年増えてきたように思います。

昔は勝手な想像でロゼは薄いピンクまたはサーモンピンクのイメージが強かったのですが最近オーストラリアで見るものには赤ワイン?と思ってしまう色の濃いものも結構あります。

そして逆に明るい色の赤ワインも増えてきているのでロゼが赤よりも色が濃いということも多々あるんです。

結局僕が普段、接している造り手たちはあまりジャンルにとらわれていないので彼らなりに「これは明るい赤だよ」と言ったり「ロゼだよ」って言ってるように思います。

それならまだいい方で「わからない」とか「どっちでもいい」とかって答える造り手もいます。まぁ僕はそんな答えをさらっとする彼らがとても好きなんですけどね。

ワインのことは好きですし、学んでいきたいとは思いますが、あまり学問のようになったり、答えが決まりきってしまっているのはあまり好きではないので…

皆さんもこれまでの常識や基本にあまりとらわれずにオーストラリアの新しい世代が造るロゼワインを楽しんでもらえたらと思います。

それでは今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしよければこのページの1番下の所からインスタ、ツイッター、FBのフォローもぜひよろしくお願いします。そして沢山の人に読んでいただきたいのでシェア、ツイート拡散は大歓迎です。さらにコメントなんかいただけたらほんと嬉しいです。ぜひよろしくお願いします。

Mauve Wine Co.りょーじでした。