シドニーのナチュラルワインイベント! Wet Dreams 2(ウエット・ドリームス2)に行ってきた!40以上のナチュラルワインメイカーが集う、正にRootstockの縮小版! [前編]

どうも、Mauve Wine Co.りょーじです。

ちょっと日が経ってしまいましましたが先日12月2日にシドニーのおしゃれエリアと呼ばれるサリーヒルズ(Surry Hills)にあるドルフィンホテル(Dolphin Hotel)で行われたナチュラルワインのイベント、Wet Dreams 2に行ってきました。

サリーヒルズは日本でも有名なカフェ、世界一の朝食と言われるビルズ(Bills)もある流行りのお店が集まるエリアです。下の写真はドルフィンホテルの外観なのですが、前の通りはこのエリアのメインストリートであるクラウンストリート(Crown Street)です。ちなみにビルズはこの斜向かいあたりにあります。

会場となったドルフィンホテルの外観。こちらはメインストリートのクラウンストリート側。普段は正面からも入れるが今日の入り口は写真の左奥の方の路地にある。
入り口のある横の路地。手作り感が逆にかっこいい!見た目は普通のパブだが沢山の賞を獲っているナチュラルワインを沢山扱うワインルームとレストランが一緒になっている楽しいスペース。

シドニーのナチュラルワインのイベントとして代表的なのは今年も開催予定だったRootstockです。日本でもナチュラルワイン好きには認知されてきていて去年は会場でたくさんの日本人の方を見かけました。今年はシドニー、東京で開催される予定でしたが残念ながら諸事情により両方共中止となりました。

このWet Dreamsの会場はRootstockと比べると小さいですが参加したワイナリーは既に世界で人気になっているところから初ヴィンテージとなる新しいワイナリーまで揃っていたのでその参加ワイナリーのレベルではRootstockにも全く負けてないとても楽しめたイベントとなりました。

残念ながらRootstockが無くなってしまいシドニーのナチュラルワインを盛り上げるイベントが無くなってしまうのではないかと思ってましたが、チケットはほぼ完売してしっかりと盛り上がっていたのでシドニーのナチュラルワインはまだまだこれからも大丈夫だと思いました。そしてWet Dreamsはシドニーのナチュラルワインを引っ張っていくイベントの一つになるでしょう。

1階の会場を2階からみた様子。左側はオープンキッチンで右側はこの日は各ワイナリーのブースとなっている。普段はダイニングスペースとなっていて吹き抜けがとても気持ち良い。

上の写真のように明るく開放的なスペースでとても気持ちの良い空間でした。僕はワインをじっくりと楽しみたかったので比較的静かなお昼のセッションに行ったのですが、写真にDJブースが見えるようにこの後のセッションは音楽も合わせてだいぶ盛り上がったようです。

とりあえず今回は前編としてイベントの概要を紹介しました。次回の後編は参加したワイナリーやワインの紹介をしますので是非読んでくださいね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

Mauve Wine Co. りょーじでした。

後編へ続く…